ニチモウバイオティックス株式会社は、19991月にニチモウ株式会社(東証一部上場)のバイオティックス事業の一翼を担うグループ会社として設立されました。

京都大学、ハーバード大学医学部など国内外多数の大学・研究機関と共同研究を行い、麹菌発酵イソフラボン(アグリコン型)、麹菌発酵大豆培養物といった有用性が高い食品素材の研究開発を行ってまいりました。その研究開発を活かし、エビデンスを重視した製品開発を行い、医療機関を始め多くの方々に製品販売を行ってまいりました。

麹菌発酵イソフラボン(アグリコン型)、麹菌発酵大豆培養物の麹菌発酵技術は、日・米・欧で製造特許を取得しており、さらにこの素材は原材料ハイクオリティ認証を取得した高品質であり、安全性が高いものとなっております。

ニチモウバイオティックスは、独自の高機能性素材を主軸に代替医療分野への展開などを通じ、多くの方のセルフメディケーションと健康な社会づくりに少しでもお役立ちできるように努力してまいります。

運営会社 ニチモウバイオティックス株式会社
本社所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町1-6-15 VORT浜松町Ⅰ 7F
TEL 03-6478-5060
FAX 03-6478-5061
設立 1999年(平成11年)1月29日
資本金 1億5,000万円
代表者 天海 智博
事業内容 健康食品素材および健康食品の製造・販売